ジャンヌ・ダルク

thumbnail imageリュック・ベッソン監督が、ミラ・ジョヴォヴィッチを主演に迎え、フランス歴史上名高い少女、ジャンヌ・ダルクの悲劇を描いたスペクタル・ロマン。フランス救国の英雄と謳われながらも、狂人・魔女などと囁かれてきたジャンヌ・ダルクを、ベッソンが独自の解釈で描く。百年戦争下のフランス。英国軍に両親を殺され、親戚のもとに引き取られたジャンヌ。ある日教会で神の声を聞いた彼女は、自分が神の使者であると確信する。やがて...

このサイトの記事を見る

おすすめの記事